リー・ミルティア「内面から成功しなさい」

スポンサードリンク

2009年01月03日

アロマテラピー の最新情報

アロマテラピー をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。



19世紀には合成の香料が誕生し、また植物から有効成分だけを抽出し、薬剤としても使用されるようになります。その一方、イスラム圏ではアラビア医学が発達させており、東方イスラム哲学における絶頂期の哲学者、イブン・スィーナ(アヴィセンナ)は製油を蒸留して製法する方法を確立しました。精油の香りによって安心感・快感・緊張感・覚醒感・瞑想感などといった情動が得られることによって、心身のバランスが促され、すなわち癒し=ヒーリング効果が期待できるのです。アロマセラピーはアロマテラピー(Aromatherapy)とも呼ばれますが、花や木といった植物由来の芳香成分=精油を使用して、心身の健康や美容を増進する技術や行為のことで、お香やフレグランス・キャンドル(アロマ・キャンドル)も含み、生活に自然な香りを取り入れてストレスを解消したり、心身のリラックスなど、全般的な癒しを求めます。



日本へは1980年代以降から紹介されています。アロマセラピーにおいて精油は欠かせないアイテムですが、精油が心身に働きかける経路は2つあり、一つは味覚刺激、もう1つはマッサージなどで塗りこむことによって皮膚や粘膜を通して血流に乗り、体内に入り込む経路です。中世ヨーロッパでは、芳香植物の栽培や利用は、もっぱら修道院で行われており、植物成分を水や植物油、アルコールなどで浸出して使用するのは、仕事でもありました。芳香植物の利用は世界中、それぞれの時代、地域で独自の発展を遂げ、近代医学が発達する以前から、人間の健康に有効活用されてきました。



植物の芳香は世界各国で、かなり古い時代から祭祀・儀礼・治療・美容などに使用してきました。エジプトのミイラ作りにも、植物の香料が使われていたのは広く知られています。また、ルネサンス時代には香水が激しく流行し、精油は大きく生産量を上げました。蒸散した精油の芳香成分は鼻で嗅ぐことによって感知されると、味覚刺激として大脳辺緑系に到達しますが、味覚を司る部位は、脳の中でも非常に本能的な部分である旧皮質にあることで、香りは本能的に身体の諸々の器官の反応を直接的に引き起こす鍵となりうるのです。



アラビア医学は十字軍の精力的な遠征などをきっかけとして、次第に西欧にも伝播させています。現在でももちろん、そうした芳香植物による伝統医学、あるいは民間療法として受け継がれています。アロマテラピー自体が提唱されたのは20世紀ですが、芳香植物の利用は古代から行われていましたが、製油の製法が確立したのは中世に入ってからです。アロマテラピーという言葉は、フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによって20世紀に入ってから作られた造語で、アロマは芳香、テラピーは療法を意味するフランス語で、この2つの名詞が融合されて構成されています。




アロマテラピーの関連サイト・ブログを紹介します。



アロマテラピー・トリートメントルームRetour(ルトゥール)神奈川 ...

トリートメントルーム ルトゥールは、神奈川県川崎市高津区にあるアロマテラピーのトリートメントを中心とした、アーユルヴェーダ、タラソテラピー、リフレクソロジー等の自然療法のサロンです。 ヒーリングスリム リフレクソロジー 札幌 ヒーリング サロン

www.salon-retour.com



Herb Aroma House Pure(アロマテラピー)

アロマテラピーに関する総合情報。基礎知識や活用法の他、精油ブランド、スクール一覧あり。 ヒーリング クラシック リフレクソロジー 池袋 ヒーリングビラ

www.ctk.ne.jp/~pure



無料着歌ランキング

posted by fewa at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。