リー・ミルティア「内面から成功しなさい」

スポンサードリンク

2009年01月18日

精神療法 関連情報

精神療法 についてこのサイトではなるべくたくさんの関連情報や評判を集めています。



「遊戯療法(Play therapy)」では、原則として対象は子供です。単に心理療法としてだけではなく、自己理解を目的とする手法としても、使われます。似たような用語としては、芸術療法といった従来から心理療法の分野において用いられている療法や、山中康裕が始めた表現療法などがありますが、クリエイティブ・セラピーを取り入れた心理療法では、そのプロセスに、「作業的段階」、「表出的段階」、「創作的段階」、というそれぞれの段階が見られるとされる点が大きく違います。



遊戯分析では、精神分析療法や来談者中心療法のように、遊戯療法自体の理論はなく、精神分析療法や来談者中心療法などの理論が応用された、非常に多様なアプローチがなされます。「集団精神療法(Group Psychotherapy)」も精神療法の一つで、一般的には患者のグループと複数人数の治療者を加えて、言語的なコミュニケーションを行う、というのが主な方法です。システムズアプローチによる家族療法では、家族という形態を、それぞれの成員が互いに影響を与え合う1つのシステムとして考えるため、家族成員に引き起こされた問題は、単一の原因に起因するものではなく、互いに何らかの影響を与え合う中で、問題を維持する原因と結果の悪循環を描いている、とみなしていきます。



「クリエイティブ・セラピー(創作療法)」は、描画、コラージュ作品などを作成したり、描いた結果をフィードバックして話し合うことによって、創作行為による精神的な安定や、作成結果を話し合いによってフィードバックすることで得ることができる自己理解を目的として用いられます。そこで、通常は心理療法を受ける人間はクライエントと呼ばれますが、家族療法では、問題を抱えた家族成員を、家族を代表して問題を表現している人、という意味合いで、Identified Patient=IPと呼ぶのが特徴です。「家族療法(Family Therapy)」は、家族を対象とした心理療法の総称で、様々な治療効果研究の複合体ですが、次第に一般システム理論の視点が取り入れられるようになり、現在では、システムズアプローチといって、一般システム理論に基づいた家族療法が主流となっています。



「短期療法(Brief Therapy)」は、天才的な催眠療法家として知られる精神科医・心理学者であるミルトン・エリクソンの影響を受けた理論・技法を有し、比較的短い時間で問題の解決を試みる心理療法の一派を総称し、MRIアプローチ、ソリューションフォーカストアプローチ、NLPなどが代表的です。子供を対象し、遊びを主なコミュニケーション手段や表現手段として行われる心理療法で、ジークムント・フロイトの娘で、イギリスの精神分析家、特に児童精神分析の開拓者として有名なアンナ・フロイト、そしてオーストラリアのウィーン出身の精神分析家で同じく児童分析を専門とするメラニー・クラインが、子供に精神分析(児童分析)を応用したことから始まりました。




精神療法の関連サイト・ブログを紹介します。



一般の皆様へ「どうやって治すの?:精神療法」 JCPTD

JCPTD - Japan Committee for Prevention and Treatment of Depression 一般診療科におけるうつ病の予防と治療のための委員会(略称 JCPTD委員会) ヒーリング cd 京都 リフレクソロジー ヒーリング 東京

www.jcptd.jp/public/mental_cure.html



日本精神分析学会

Copyright (C) 2004 Japan Psychoanalytical Association All Rights Reserved. ヒーリング ランキング リフレクソロジー 資格 ヒーリング 堺東

www.seishinbunseki.jp



INGNI

posted by fewa at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

精神療法 の最新情報

ほんのちょっとだけ精神療法 の話にお付き合いください。



「遊戯療法(Play therapy)」では、原則として対象は子供です。単に心理療法としてだけではなく、自己理解を目的とする手法としても、使われます。「クリエイティブ・セラピー(創作療法)」は、描画、コラージュ作品などを作成したり、描いた結果をフィードバックして話し合うことによって、創作行為による精神的な安定や、作成結果を話し合いによってフィードバックすることで得ることができる自己理解を目的として用いられます。



似たような用語としては、芸術療法といった従来から心理療法の分野において用いられている療法や、山中康裕が始めた表現療法などがありますが、クリエイティブ・セラピーを取り入れた心理療法では、そのプロセスに、「作業的段階」、「表出的段階」、「創作的段階」、というそれぞれの段階が見られるとされる点が大きく違います。遊戯分析では、精神分析療法や来談者中心療法のように、遊戯療法自体の理論はなく、精神分析療法や来談者中心療法などの理論が応用された、非常に多様なアプローチがなされます。そこで、通常は心理療法を受ける人間はクライエントと呼ばれますが、家族療法では、問題を抱えた家族成員を、家族を代表して問題を表現している人、という意味合いで、Identified Patient=IPと呼ぶのが特徴です。



「家族療法(Family Therapy)」は、家族を対象とした心理療法の総称で、様々な治療効果研究の複合体ですが、次第に一般システム理論の視点が取り入れられるようになり、現在では、システムズアプローチといって、一般システム理論に基づいた家族療法が主流となっています。子供を対象し、遊びを主なコミュニケーション手段や表現手段として行われる心理療法で、ジークムント・フロイトの娘で、イギリスの精神分析家、特に児童精神分析の開拓者として有名なアンナ・フロイト、そしてオーストラリアのウィーン出身の精神分析家で同じく児童分析を専門とするメラニー・クラインが、子供に精神分析(児童分析)を応用したことから始まりました。「短期療法(Brief Therapy)」は、天才的な催眠療法家として知られる精神科医・心理学者であるミルトン・エリクソンの影響を受けた理論・技法を有し、比較的短い時間で問題の解決を試みる心理療法の一派を総称し、MRIアプローチ、ソリューションフォーカストアプローチ、NLPなどが代表的です。



「集団精神療法(Group Psychotherapy)」も精神療法の一つで、一般的には患者のグループと複数人数の治療者を加えて、言語的なコミュニケーションを行う、というのが主な方法です。システムズアプローチによる家族療法では、家族という形態を、それぞれの成員が互いに影響を与え合う1つのシステムとして考えるため、家族成員に引き起こされた問題は、単一の原因に起因するものではなく、互いに何らかの影響を与え合う中で、問題を維持する原因と結果の悪循環を描いている、とみなしていきます。




精神療法の関連サイト・ブログを紹介します。



日本精神病理・精神療法学会

2008.9.12 事前参加 を締切ました。 2008.9.1 プログラム を追加しました。 2008.8.29 日程表 、 会場 、 発表のご案内 、 参加のご案内 を追加しました。 2008.8.19 精神病理夜話会 の抄録を追加しました。 2008.8.6 事前参加のご案内 を追加しました。 ヒーリング サロン リフレクソロジー サロン ヒーリングドール

www.accessbrain.co.jp/jspp31



精神科・メンタルヘルス・精神分析・精神療法・レジデント・SST ...

研究グループ紹介、業績集、診療体制、研修内容。 ヒーリングパートナー リフレクソロジー サロン ヒーリング サロン

www.fukuoka-psychiatry.jp



簡単マイクロダイエット食品

posted by fewa at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

精神療法 のニュース

精神療法 について新しい発見がないかどうか、探してみましょう。



「集団精神療法(Group Psychotherapy)」も精神療法の一つで、一般的には患者のグループと複数人数の治療者を加えて、言語的なコミュニケーションを行う、というのが主な方法です。「遊戯療法(Play therapy)」では、原則として対象は子供です。「短期療法(Brief Therapy)」は、天才的な催眠療法家として知られる精神科医・心理学者であるミルトン・エリクソンの影響を受けた理論・技法を有し、比較的短い時間で問題の解決を試みる心理療法の一派を総称し、MRIアプローチ、ソリューションフォーカストアプローチ、NLPなどが代表的です。



システムズアプローチによる家族療法では、家族という形態を、それぞれの成員が互いに影響を与え合う1つのシステムとして考えるため、家族成員に引き起こされた問題は、単一の原因に起因するものではなく、互いに何らかの影響を与え合う中で、問題を維持する原因と結果の悪循環を描いている、とみなしていきます。「家族療法(Family Therapy)」は、家族を対象とした心理療法の総称で、様々な治療効果研究の複合体ですが、次第に一般システム理論の視点が取り入れられるようになり、現在では、システムズアプローチといって、一般システム理論に基づいた家族療法が主流となっています。似たような用語としては、芸術療法といった従来から心理療法の分野において用いられている療法や、山中康裕が始めた表現療法などがありますが、クリエイティブ・セラピーを取り入れた心理療法では、そのプロセスに、「作業的段階」、「表出的段階」、「創作的段階」、というそれぞれの段階が見られるとされる点が大きく違います。



単に心理療法としてだけではなく、自己理解を目的とする手法としても、使われます。そこで、通常は心理療法を受ける人間はクライエントと呼ばれますが、家族療法では、問題を抱えた家族成員を、家族を代表して問題を表現している人、という意味合いで、Identified Patient=IPと呼ぶのが特徴です。子供を対象し、遊びを主なコミュニケーション手段や表現手段として行われる心理療法で、ジークムント・フロイトの娘で、イギリスの精神分析家、特に児童精神分析の開拓者として有名なアンナ・フロイト、そしてオーストラリアのウィーン出身の精神分析家で同じく児童分析を専門とするメラニー・クラインが、子供に精神分析(児童分析)を応用したことから始まりました。



「クリエイティブ・セラピー(創作療法)」は、描画、コラージュ作品などを作成したり、描いた結果をフィードバックして話し合うことによって、創作行為による精神的な安定や、作成結果を話し合いによってフィードバックすることで得ることができる自己理解を目的として用いられます。遊戯分析では、精神分析療法や来談者中心療法のように、遊戯療法自体の理論はなく、精神分析療法や来談者中心療法などの理論が応用された、非常に多様なアプローチがなされます。




精神療法の関連サイト・ブログを紹介します。



一般の皆様へ「どうやって治すの?:精神療法」 JCPTD

JCPTD - Japan Committee for Prevention and Treatment of Depression 一般診療科におけるうつ病の予防と治療のための委員会(略称 JCPTD委員会) ヒーリング クラシック リフレクソロジー 反射区 ヒーリングヴィラ印西

www.jcptd.jp/public/mental_cure.html



米国で精神療法が大きく後退。 - ホツマツタヱ。

■ [Psychiatry] 米国 で 精神 療法が大きく後退。 大 うつ病 , 心的外傷後ストレス障害 ( PTSD ), 双極性障害 およびその他の精神疾患には, 薬物療法 併用の有無を問わず, 治療 者と 患者 との間の精神的交流によって治療する精神療法が推奨されている ... ヒーリング ストーン リフレクソロジー 名古屋 性的ヒーリング

d.hatena.ne.jp/hotsuma/20081110/p1



マキアージュ

posted by fewa at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。